カルトゥーシュカードのブログといいつつ、
最近エジプト土産店であるエジスクのほうが投稿多いです。
カード情報が欲しい方には申し訳ないですが、
講座に来ればガンガン話しますのでそちらでお願いします。
遠方の方はスカイプで受けられます。
詳細は カルトゥーシュカード公式ページ へ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ものは言いよう
夏も終わりの土曜日、カルトゥーシュカードの本講座修了生と恒例の遠足へ行きました。今回行ったのは、国立博物館で開催されている「クレオパトラ展」です。昨年メトロポリタン美術館展で訪れた際はテング熱の影響で長袖・長ズボンの多かった上野公園でしたが、この日は25度前後と少々肌寒かったせいで秋の様相の方が多かった公園をぬけ、一行は平成館2階の会場へ突入したのでした。
クレオパトラだけを扱った展覧会だと思っていったもののエジプトで活躍した女王や王妃たちを多数紹介していたため、あれ? と思い券をみたところ「 クレオパトラとエジプトの王妃展」となっていたため、私の早合点だったことが発覚。しかし、テーマに合わせた女神たちやまつわる品々が大英博物館やルーブル美術館といった有名博物館はもとより、ドイツなどにある小さな博物館などからも来日しているなど、チョイスは抜群! カタログにも書いてありましたが、これほど女王や王女に焦点を合わせた展示はないかと思いました。

展覧会を抜けると、お約束のお土産売り場へ! エジプト展にまつわる商品もさることながら、国立博物館限定グッズも魅力的☆彡 特に気になったのが、小さいものが6枚入った缶入りのゴーフルでした。なんと風神雷神や見返り美人が描かれ、おもわず「ほっすいー」とひとめぼれしたのは私だけではなかったようです。他の方々も「どうしよう」なんていいつつも、ここは家計を預かる女性。「缶を買ったのはいいけれど、さて何を入れるか?」「入れたはいいけれどあとで何を入れたか覚えているか?」といった実用性を考えると、買えなかったのであります。この博物館限定ゴーフル、通信販売でも買うことができるので、プレゼントで使えるな、と思った次第です。

展覧会場を抜けてもエジプト展の延長展がさまざまにされているのが、さずが国立博物館です。ミイラ展や映像展などをやっていたのを尻目に思わずやってしまったのが↓













ちなみに、私の前後にやっていたのはお子様たちでした☆
体を張った写真を撮ったのち、平成館を離れてオークラが運営するレストランへ☆彡

さすが!オークラだけに上品なカツカレーでした。

帰りの電車の中、ふと上を見ると
「緑あふれる静かな学習環境〜」
といったキャッチがされた学校の広告が目に入ります。
平たくいえば「田舎」ということですが、ものは言いよう、という話題で盛り上がります。
そういえば黒田、ここのところ別にケンカをしかけているつもりはさらさらないのですが、メールゆえに感情が伝わらないために誤解が生じていたりするかなーという問題を抱えていたりしています。書いてしまった、言ってしまったのでどうしようもないのですが・・・ほんとうに「ものは言いよう」。言葉選びはいままでの人間関係を崩す可能性もあるため、慎重にやらないといけないなあと思った今日この頃だったりします。
エジプト展とか映画とか
エジプト関連情報を流します。

<エジ本出てます>
とっくに発売しているんですが・・・
KKベストセラーズ様から「世界史人」のムック本「ピラミッド5000年興亡の謎」が1月に発売してます。
 
世界史人 vol.5 (ベストムックシリーズ)
世界史人 vol.5 (ベストムックシリーズ) 吉村作治

ベストセラーズ 2015-01-20
売り上げランキング : 23562


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

P126、127に読者プレゼントがあるんですが、当店もボールペンを提供してたりします。
振るってご応募を!といいたいところですが、2/19で締め切っているようですので、欲しい方はスークへ!


<出エジプト記の映画やってるよ>
エクソダス神と王という映画が公開中のようです。
こちら、海がパーッとひらけてエジプトから奴隷が出ていくので有名なモーゼの十戒出エジプト記の映画だそうですが、エジプトでは上映禁止になっているようです。
黒田みたいですが、そんな暇はなさそうなのでビデオで見れたらいいなあ。。。


<今年の夏はクレオパトラだよ>
毎年何らかのエジプト展がきてますが、今年もやるようです。
場所はいつものように上野なんですが、国立博物館でやるそうです。
黒田は誰と行こうかな?というと、カルトゥーシュカードとCFMの合同遠足で行こうかなと思っています。


ということで、明日からはカルトゥーシュカードの本講座が予告通り行います。
久々の5人と大所帯ですが、頑張りたいと思います。
メトロポリタン美術館展 女王と女神


先週半ば、ようやく行ってきたのです。
どこへ? って上野で9/23までやっているやつ!

メトロポリタン美術館展 女王と女神

へです。やっと行きましたよ。ほんと。

ここのところ東京の西側でテング熱が話題になっていたのですが、
「上野だからいいだろう」と半袖で行ったのですが、、、
さて、集合場所へ行きますと、同行の3名が長袖、
公園に向かう他の方々も長袖&長ズボン、ロングスカートの多いこと。
虫除けスプレーを持参してきた方にお借りして、
シューとガードしていざ美術館へ行ったのです。

平日ということもあり、比較的ゆっくり見れました。
しかし、指輪とか小さなものが展示してある場所になると、
行列率が上がってました。

今回はアメリカのメトロポリタン美術館が所蔵する
ハトシェプスト女王に関する品々と
女神に関する貴重な品々がズラーっと来ていました。

ちなみに、当店で販売中のカルトゥーシュカードには
旧訳書「王家占いの秘密(版によって題名違いあり)」
があるんですが、その中に

「ハトシェプスト葬祭殿から25枚の木板が見つかった。
ハトシェプスト女王や神官はそれで神託を得ていた。
その復刻版がカルトッシュカードです。」


といったくだりがあったりしますが、

まったくの嘘ですからね。

木版なんて見つかってないですし、今回もそんなの来てないですよ。
それを信じている方もいまでもいるようで、
なんとその方、親切に生徒を集めて教えてたりするようですが、
まあ・・・勘弁して欲しい今日このごろです。

美術展の話題にもどして、
美術品の説明文で気になったのが、

「当館が合法的に所有している」

といった文言です。一緒に同行した女神もここが引っかかったようです。
この美術館にかぎらず、エジプトの美術品を所有する海外の美術館に対して、
エジプト政府は我々の国の財産だから返せと度々言ってます。

そりゃそうですよね、
エジプトからすれば、表現悪いですがドロボーにとられたようなもんです。
しかし、エジプトは1900年代中盤までは、
違うことを言っていたのです。それは、

発掘したものは自国に持って帰っていい

と。だからイギリスもフランスもアメリカも、
調査のためにエジプトを訪れ、持ち帰ったのです。
中には強者もいまして、、、
なんとエジプトの神殿を丸々1こ、
タンカーに載せて運んできた美術館もあるのです!!
今回主催のメトロポリタン美術館なんですけどね。

ということで、
立場が違うと言い分が違うんだなーということは
湊かなえ氏の小説「往復書簡」で驚愕したわけですが、
エジプト考古学でも展開されていたりします。
アラブチャリティーバザーのお知らせ
 エジプト大使館さんから、毎年恒例のチャリティバザーのお知らせがきました!
エジプトをはじめ、アラブ各国の食事や雑貨を販売するそうです。
収益の一部は被災地の福島県立相馬養護学校、社会福祉法人 青少年福祉センター等に寄付するそうです。※各国婦人のおはからいに、日本人の一人として御礼申し上げます。

第16回 アラブチャリティーバザー

主催:駐日アラブ大使婦人の会

日時:5/18(日)11:00〜16:00

場所:東京プリンスホテル

入場料:2000円

購入方法:

  希望枚数
  枚数分の代金
  住所・名前を書いて切手を貼った返信封筒

  を同封して以下に郵送くださいとのことです。

  153−0042
  東京都目黒区青葉台1−5−4
  エジプト大使館バザー係 


お問い合わせはエジプト大使館にお願いします。
03−3770−8022
ツタンカーメン展へそういえば行きました
 カルトゥーシュカードという占いカードの勉強会仲間が集まって、定期的に勉強会を開いたりお出かけしているのですが、その一環としてみんなでツタンカーメン展へ出掛けました。そのレポです。

出かけたのは11月は三連休の中日の土曜日。つまり24日だったのですが、この日はお日柄的にも混むだろうなーと覚悟していましたが、予想通り混んでまして、11時に集合し、入場整理券を取りに行くと14時30分集合・入場となりました。

「さて・・・あと3時間、どうするか、だ・・・」

上野公園から出るもの面倒なので、公園内で過ごすことにした我々6人。「上野といえば精養軒」という安易な発想をゴリ押しし、その安易な場所へとりあえず行く事に。行く途中、大道芸を見ていたら、2人いなくなっていることに気づきます。「調子が悪かったので、和食屋さんがあったので、予約しちゃいました」ということで、お茶屋風のお店に入ることに。ここが大当たりだったのですよ、奥さん!



これに豆ご飯と味噌汁が付きます。いいでしょう、素敵でしょう〜
仲間の一人が問題を抱えていまして・・・その相談にみんなが乗ってくれながらの食事だったのですが、、、、大人になると、いくら仲がいいとはいえ、お金など損得勘定が絡む場合が多いですが、ここのカルトゥーシュの仲間はそういうの一切なく、平等に付き合え、時には知恵を貸し合えたり、励まし合えるような関係になれたらいいなーというのが黒田の願いでした。今回のように道をうっかり踏み外しちゃった人に「それは違うんじゃない?」と言える関係っていいな、と思いました。
ビールを飲みながらのんびり食事をし終えても、まだ時間は1時半。場所を変えてお茶をすることにしてだらだらしてましたら、ようやく集合時間に。

入場する前、ビデオで説明を受けるのは、ディズニーランドのアトラクション風でした。



入場しましても、すぐに展示が見れるわけではなく、ビデオをまたしても見ます。それが終わると、ツタンカーメンの石像がご開帳となりまして展覧会場へレッツーゴー。
中は人人人。「立ち止まらないでくださ〜い」というなんともな指示が警備員からされていましたが、縫うように行くことでなんとか全部近くで見ることができました。

感想としては、思ったよりも悪くなかった、です。黒田的ですが。

黒田がエジプトかぶれなのを知って、色々な方が「ほら、今やってるツタンカーメン展ってツタンカーメンのマスクきてるんですよね?」と言われるたび「いや、来てないんですよ」→「えー」とびっくりされてきましたが、あの黄金のマスクは予定通りなかったですが、素晴らしい棺や装飾品が来ていました。ああいったキンキラキンの装飾は、死後の埋葬品のためであって、実際現世で使われたものは少ないかと思います。そんな死後の世界について「占いの世界29号」というムック本に書きましたので、どうぞよろしく。

黒田のお客様のなかで、大阪展を5回ぐらい行ったかたがいたのですが、気持ちわかります。今回行けなかったカルトゥーシュの仲間の一人にも、9月に行ったけどもう一度行きたい、とおっしゃられていた方がおられました。入場料が3000円もするのにけったいだなーと思っていましたが、予定が合えば私ももう一度行きたいです。しかし、人がいっぱいなのと待っているのが面倒なので、黒田は行く事がないでしょう。
いつの日か、新しくエジプトに出来る博物館で、今回の展示物に会えたらいいです。

カルトゥーシュカードの購入はこちらから。

カルトゥーシュを通じて生き方を学ぶ、カルトゥーシュ本講座が、2013年1月より開講します。カルトゥーシュを通じて豊かな人生を歩みませんか?

その前に、カルトゥーシュカードを2時間で覚えるかんたん講座へどうぞ。
次回2012年1月12日 12:00〜14:00 東京池袋で開催。

詳しくはこちらを。

六本木は遠かった


待ちに待った大英博物館古代エジプト展が開催! ということで、カルトゥーシュカードの仲間たち7人と「夏の遠足」称して、六本木は森タワーに行ってきました♪

久々の六本木、日比谷線だとうちから行くのにアクセスが悪いので、大江戸線で行ったのですが‥‥まさかあんな地中深くだとは思っていませんでして、地上に出るまでえらく苦労しました。地表に出たはいいけれど、都市計画がしっかりしている建造物によくあることですが、待ち合わせしているレストランまで迷子になってまいましたorz まー慣れればひょいひょいなんでしょうけど、お上りさんには辛いです。

さて、なんとか11時少し前に待ち合わせのレストランに到着。チャ〜ラ〜ラ〜ラ ちゃ〜ら〜ら〜ら♪ とBGMで聞こえるのは坂本氏の「The Landsong」。そういえばこれってヒルズのテーマ曲だったなーまだかかってるんだーと思いながら(ちなみにクロダは今はそれほどでもないですが、以前は筋金入りの坂本ファンでファンクラブにも入ってました)、遅れている中央線で来る方々を待ってましたら、程なく到着。今回のレストランは ザ キッチン サルヴァトーレ クオモ。多数決を取りましたら圧倒的多数でしたので。皆、無事に席に付き、ジュースでまずは乾杯☆
楽しく話をしながら食事をすると、あっという間に1時近くに。小腹も満たされたところでいよいよ展覧会に突入です☆

ギャラリーエントランスになるガラス張りの建物に入り、52F直通のエレベーターに乗り込み込む一行。耳がつーんとしながらも無事到着。エレベータを降り、エジプト展会場に突入、そのまえにイヤホンガイドを借りました。声は俳優の八嶋智人さんでしたのでうれしかったです。トリビアからのファンだったので。
八嶋さんのナビゲートで会場内に入ると‥‥連休初日ということもあり、まずまずの込み具合でしたが入場規制はありませんでした。10年ぐらい前かな? 上野で大英博物館展をやっていた際には入場まで2時間待ちの刑が待っていましたが、今回それほどでもないのは場所が六本木だからか? それとも広告宣伝が派手ではなかったからか??

展示内容はフェイク半分、本物半分とい感じでしたが、見応えは十分! 今回の目玉の37mにも及ぶ死者の書は圧巻でした!! このパピルスに登場する挿絵は、エジプト関係の本で見たことがあるものばかり! うわー、すごい!! こんなの日本で見れちゃうなんて、貸してくれた博物館さんありがとう!

感激しながら進んでいくと、出口に到着。
イヤホンガイドを返し、約2時間の古代への旅は終了です。

出口では既に見終えた数名がお待ちに。なぜかみなさん、ガチャガチャで売っているエジプト神の入ったスーパーボールを、図録など他のおみやげと共に持ています。
クロダも土産を探しがてら、「どんな商品がいくらで売っているのか???」チェックしながら回遊。結果はうち(スーク)のほうが色々あって、安いです! 「私の勝ちだな」と捨て台詞をはいて、図録をおみやげに会場を後にしました。

8月からはツタンカーメン展も始まります。
「早く新製品を店頭に出さないと!」と思いながら、行くとき失敗したと思いながら来た道を戻り、地下鉄大江戸線で帰宅したのであります。

Chasm
ChasmRyuichi Sakamato

Wea International 2004-06-22
売り上げランキング : 1090649


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
東京国立博物館のミイラ展
日本にも少ないながらエジプトのミイラさんがいるんですね。その中の1つが東京国立博物館東洋館にあるのですが、現在ここは工事中。常設では見れませんが、特別展ということで場所を平成館に移して、9/20まで絶賛展示中なので行ってきました。
前評判で「プチエジプト展」という噂を聞いていたのと「ミイラか……いいかな」というかんじで、あまり行く気はなかったのですが、
HPにあるPDFを見たら、ウジャブティとかも見れるらしいので、いくことにしました。

上野の森を抜けて歩くこと10分、博物館に到着!

入り口に催し物の一覧が書いてあるですが、展示がいっぱいあって”ミイラ”の文字がみつかりません;; 仕方がないので入り口で聞くと「左の発券所でお求めください」ということで、無事に600円を払い入館。酷暑の中、またもやとことこと歩き、ようやく平成館に到着です。
ミイラは1階の展示室に。ファイアンス製のウジャブティやパピルスといった品々も陳列されていますが、展示物の一部は渋谷の「古代エジプト美術館」からのものもありました。
そういえば、以前同館にお伺いしたとき、「国立博物館に今度貸すんですよ」と館長さんが仰っていたのを思いだしました。

そんな前座の展示物が数点ある奥に、ミイラさんが ”でーん!”
いつもそうなんですが、ミイラを見ると頭が痛くなります。なんだろう、脳に訴える感じのやな痛みです。

いたくならないうちに出ると終わり。前評判通りのプチなエジプト展でした。これで600円っていうのもなーですが、前の部屋では土偶や土器が!? 早速入ると、青森の「土偶」、香川の「銅鐸」、そして埼玉が誇る「踊る埴輪」といった、教科書でもおなじみの有名土偶がお出迎え〜

そのほかも埴輪(はにまる)も多数あり、「さすが国立博物館!」といった”日本のあけぼの”な展示が数多くされていましたので、エジプト展のついでに埴輪も見れた、お得な展覧会でした。
平成館を出ると、本館の間からスカイツリーが見えました! 
今日もにょきにょき育ってます♪
【レポート】吉村作治の新発見! エジプト展
 今年初めて行くエジプト展は、池袋はサンシャイン文化センターで行われている、新発見! エジプト展です。主催・監修は大御所 吉村作治先生。2/7までの開催とあとわずか! ギリギリに行けて良かったです。

年末年始にかけて、吉村先生が出演されているエジプト番組が放映されたせいもあり、平日でもかなりの混雑。入館者の平均年齢が、他のエジプト展よりちょっと高い気が……私は早稲田大学エクステンションセンターや吉村先生が主催していたアカデミーでエジプト講座を受講したことがありますが、若い方はまれで、大部分は仕事をリタイヤされた方でした。「人生の余暇にエジプト」なのでしょうか?

さて、今回の目玉は親子・夫婦同時発見されたミイラと、カイロ博物館からやってきたコレクションの展示です。おなじみのアヌビスやイシスといった小像もありますが、ミイラにかなり力が入っていまして、ミイラ作りの手法がビデオで放映されていたり、使われた台などが展示されていました。

ブリティッシュミュージアムの百科事典によると、ミイラは砂漠に放置された遺体が、そのまま残っていたことからヒントを得て、エジプト人が「こりゃイイ!」とばかりに作成を始めたという偶然の産物だそうですが、どんどん作成方法も進化していき、外科手術の手法も研究されていったようです。ビデオには、脳みそを取り出して、代わりに綿をつめた画像が出ていましたが、なかなか「ええええ」という画像です。


昨年、トリノや海のエジプト展といった、大きな展覧会が日本で開催されたせいもあり、今回の展示品もすごいのですが、ちょっと消化不良な感じが……
とはいえ、いいもの見せてくれてありがとう。 という気持ちでいっぱいなので、お時間がある方は足を運ばれてはいかがでしょうか?


カルトゥーシュカード ミニセミナー 参加者募集中
カルトゥーシュカードと占星術による鑑定はこちら
カルトゥーシュカードとエジプトパワーアクセサリー
【レポート】トリノ・エジプト展
上野の東京都美術館で開催中のトリノ・エジプト展に行ってきました。



土曜日ということもあり、上野公園は人・人・人〜!
事前情報で「シカン展が人気で入場待ちだけど、エジプト展は余裕」と聞いていましたが、一抹の不安を感じてしまいます。

噴水を抜けて歩くこと10分、会場到着。
ここに来るのは大英博物館展以来なので、6年ぶり。のこぎりを胡弓のように演奏するおじさんも健在でした。

心配をよそに会場は比較的空いていまして見やすかったです。
大英博物館展のときは平日でも1時間待ちでしたが……あれはいまでも悪夢です(笑

さて、会場は、といいますと、イタリアらしく洗礼されたレイアウト。展示品は新王朝時代がメイン。私好みでした。

1階は、王墓の職人の街 テーベのディール・アル=マディーナからの出土品が入るとすぐに展示されています。木槌やのこぎりといった、3500年前の道具が多数展示。
書記の学徒の使用した、ウズラとハゲワシとフクロウを正しく書き分けるための、ヒエログリフの練習もありました。

ヒエログリフは画才もないとダメですから、絵のセンスが無いと難しいですね。

2階は、銅像やステラといったエジプトらしい品々が展示。
牡羊の像がかなり来ています。エジプトでは牡羊は聖獣でしたが、占星術的にはこの時代、春分点が牡羊座。
古代エジプトの人々はこのことを知りませんでしたが、無意識に感じていたのかな? と勘ぐってしまいます。

パピルスも来ていました。 トリノで有名な王名パピルスはさすがに来ていませんでしたが(笑、死者の書が来ていました。
これはきれいです。これだけの完全品は珍しいでしょう。

そして、ポスターにも登場する石灰岩のツタンカーメン像。
右側面部に、1818年だったかな? あとで彫ったいたずら彫りがあります。エジプトっぽい絵も彫られていましたが、出来はイマイチ(笑

最後3階は、納棺用品や子供のミイラと成人のミイラがあります。
かなり裕福なかたのお子さんだったのでしょう。施しが最上級でした。

と、見ているうちにあっという間にお土産コーナー。つまり終わりです。
好例のお土産チェックですが、結構充実しています。
香水瓶とかペンダントなど定番品もありますが、ネクタイやスカーフといった現地のミュージアムグッズも販売しています。
イタリアだけあってデザインが洗礼されていますが、お値段も素敵でした。

この展覧会、10/4まで開催。その後は仙台に行くそうですので、東北方面の方、お見逃しなく!!
【レポート】中近東の星座と神話展
東京都三鷹市の中近東文化センターで9/23まで開催中の「中近東の星座と神話展」へ行ってきました!!



中央線の武蔵境まで電車で行き、国際基督教大学行きのバスにゆられ10分、そこから徒歩で10分と、ちょっとアクセスは悪いのですが、なかなか楽しい展示会でした。

内容は、現在の12星座ができる前の星座をパネルと出土品などで紹介していまして、占星術の歴史となりたちを学べますので、占星術ファンにはおすすめ!
現在、天文ガイドで早稲田大学の近藤先生が中東の星について連載していますが、それが目で見れる感じです。

そんな内容ですから、メインは中東。
エジプトの展示は入り口にちょろっとイシスとトト神があり、宇宙観などエジプトの星の事情が書かれている、といった感じですのでエジプト目的ならばガッカリですが、占星術も好きならばなかなか楽しいです。

私も占星術師のはしくれとして、大変勉強になりました。
現在は魚座に春分点がありますが、紀元前3000年当時は牡牛座にあるので、牡牛座が重要な星座とされ、牡羊座はなかったそうです。

また、対宮の天秤座は当時は蠍座の一部だったそうで、現在の星座ができた紀元前8世紀に「蠍座、ちょっとでかくない?」ということで、もう一つ星座をつくり、丁度秋分もあるからと「天秤座」ができたようです。

私のホロスコープは天秤座が過剰なのですが……
「天秤座は自分で決められず、人に決めてもらう星座なんだな」
と、改めておもいました。

また、山羊座は「山に住む羊」ではないんです。

黒田、なに言ってるんだ? という方はぜひお出掛けになってください。
今後、この説を生かして、占いをしたいと思います。
おもしろかったので、出て、また入ってと、会場を4周してしまいました。

その隣には出光コレクションの貴重な陶磁器があったり、通路を挟んでは中近東の出土品があったりと、なかなか楽しかったです。

カルトゥーシュカードでHAPPYに

メール鑑定受付中

カルトゥーシュカード販売中

RSS表示パーツ


RSS表示パーツ