カルトゥーシュカードのブログといいつつ、
最近エジプト土産店であるエジスクのほうが投稿多いです。
カード情報が欲しい方には申し訳ないですが、
講座に来ればガンガン話しますのでそちらでお願いします。
遠方の方はスカイプで受けられます。
詳細は カルトゥーシュカード公式ページ へ
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ベリーダンスJapanを読もう!
カルトゥーシュカードという占いカードを啓蒙していますが、嬉しいことに雑誌に紹介されました。雑誌の名前は「ベリーダンスJAPAN」さん。11/30発売の22号 P131に載ってます。

Belly dance JAPAN(ベリーダンス・ジャパン)Vol.22 (おんなを磨く、女を上げるダンスマガジン)Belly dance JAPAN(ベリーダンス・ジャパン)Vol.22 (おんなを磨く、女を上げるダンスマガジン)

イカロス出版 2012-11-30
売り上げランキング : 772

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



カルトゥーシュカードを購入頂いたり、講座にお越しに来てくださる方の中にも、ベリーダンスを習っておられ、それが縁でエジプトに興味を持ち → 占いを探していたらこれに出会った! という方がちらほらおられます。講座生の中や占いのクライアントがベリーダンスの話題をしてるのを聞くと、日本でも人口が急増しているんだなー、とは思っていたのですが、こんな立派なマガジンまで発売されているとは知りませんでした。

この本の副題は(おんなを磨く、女を上げるダンスマガジン)。
エジプトの思想の入った占いカードも使って頂き、おんなを上げまくっていただきたいな、と思います。


カルトゥーシュカードの購入はこちらから。

カルトゥーシュカードを2時間で覚えるかんたん講座は、次回2012年1月12日12:00〜14:00 東京池袋で開催。詳しくはこちらを。
他にも違うよカルトゥーシュカード VS カルトッシュカード

   

カルトゥーシュカードの本講座でも行く、渋谷は古代エジプト美術館では、合コンが開催されようとしている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本家カルトゥーシュカードと25年前売られていた、いわゆるカルトッシュカードとは、セトの色と大きさが違うよ! ということは、私がさんざん言っているので周知のことかと思いますが、そのほかにも違いがっつ! 
左にカルトッシュと呼ばれる絶版廉価版、右に絶賛販売中の本家版を並べてみました。

まず一つ目は、7 ネフティスのカード、

   

おお〜派手に違いますね〜
まさか、「ネフティスが出たから、ラッキカラーは緑!」といったカラー占いをしている人はいないと思いますので、大丈夫かとは思いますが、、、
(カルトゥーシュを使った色占いはできますが、このカードの色は使いませんです)

次は土のカード!

   

私は、特に土の茶色が本当に土!! と少し、重く見えました。
宝石がパープルだったんですね。
と、くっきりはっきりさせた結果、微妙だった宝石の色もはっきりに。
それだけじゃないんですよ、もっと大きな変化が! 
みなさん分かりますか?? おおっつと思った人は脳年齢が若いかも! って茂木健一郎氏のアハテストじゃないよ

右の木に注目すると……上部に違いがっつ!
左は葦の葉っぽく、右は麦の穂なんです。

他にもよーく見ると、違うかも!? 二見書房の版やセントマーチンズ版の大きいサイズのカードをおもちであれば、新しいカードと比較してみてください。

どうしてこんなに違うのか? 理由は大人の事情に尽きまして、ホープ側も不満に思っているのですが 原作のマンガとドラマでは、微妙に話も最終回も違っているのと同じで、別バージョンが存在すると思えばいいかと。


最後に「二見版は色が薄すぎて、誰が製版したの?という感じでした」とご意見いただいたのですが、二見のものは、アメリカの出版社(セントマーチンズ社)で発売されたもののコピーです。 色が薄いとおっしゃいますが、アメリカ版より色が濃くて、紙質もいいのですよ。この辺が、さすが日本人! かと。


カルトゥーシュカードを2時間で覚える簡単講座は10/22、10/29、11/12、開催!
カルトゥーシュを深く学んで人生の友とする本講座は11月開講!
詳しい内容はこちら!

新しいカードはくっきり濃いよ!


カルトゥーシュカードを春先より販売を見合わせておりましたが、日本製デッキを作りまして、先日より販売を開始しました。皆様にはお待たせして申し訳ありませんでした。
黒田が運営していますエジプト専門ネットショップ エジプシャンスークで販売していますので、こちらでお求めくださいませ。解説本もありますので、あわせてどうぞです。

商品のほうが到着しているようで、感想を頂いております。
新しいカードとどきました。
はっきりした感じで絵が目に入ってきて視覚的にとても新鮮ですてきです♪
このカードは守られてる感じが個人的にします。
国産カードうれしいです。


カード届きました。
以前販売していたもの(オスタリ社ポーカーサイズ)よりも絵がクッキリハッキリしていますね。新しいカードで瞑想の練習もしようと思います。


カード届きました。どうもありがとうございます。
新しいカードと一枚一枚比較してみましたが、色が濃く、はっきりしていますね。
ひと回り小さいようで、それに新しいほうが丈夫そうですね。
色がしっかりしているので瞑想法にもいいですね。
よりカードに入り込めそうです。ちゃんと浮かび上がりそうです。
私の狙い通り、濃い、はっきり、くっきり! な製品に満足いただけたようで良かったです。

カードですが、いかがでしょうか??
二見版なアレですが……以前の版をお持ちの方でもひとまわりちっちゃいでしょ?
厳密な国際基準のポーカーサイズに従った結果でして、いままでのUSデッキはそれより2mm大きいので、そういうことになっています。
なんであれはちょっとデカイのか、トランプ屋も謎だそうなので、謎ですね。

カードが驚異的に売れたら、現行のカードの倍のサイズ、二見版やセントマーチンズ版と同じラージサイズの作成・販売も考えていたり、いなかったりします。セトは要望の多い赤で。(時々、黒のセトにびっくりした方が、色が間違っている! とか、赤じゃないけど我慢して使います、といったご意見・苦情を頂きますが、黒が本当で赤は……ですので、お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。)
実際売るとなると、裁断の型を2つ作らないといけなくなるので……
1デッキ1万円とかになりそうなので現実的ではないかな?
でもプロは欲しいだろうから、、、まあ、様子を見てですね。
ショックです
カルトゥーシュ翻訳本は10月から一般販売をするのですが、現在、顧客様を対象に先行販売をしています。お待ちの方、お待たせして申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

その優先販売で本をお買いになった方から、続々と感想メールが届いています。
まずは、二見版をお読みになった事がある方からの感想。

まずは、無事の出版おめでとうございます。
これを機に、カルトゥーシュが少しでも正しく、また広く知られていけば使い手の一人として嬉しい限りです。
確かに二見のものとは毛色は違うけど、さらっと読んでみただけでも評判の良さの理由がよくわかります。
カルトゥーシュ翻訳本、無事に届きました。毎日興味深く読ませて
いただいてます。
二見版とはだいぶ違うので、ショックをうけつつも、前向きに読ん
でいます。本の表紙がすごくいいな〜って思いました。
私の翻訳版を手にして頂いたのはいいのですが、ショックな方が多いようです。しかし、これが真実のカルトゥーシュです。いい意味で期待を裏切っている本かと思います。私もこの本(英語版ね)を初めて読んだとき、なんて大人な内容なんだと思いました。占いというと、女性や子供のものと思われがちですが、本当は大人のためにある、ということを改めて思った一冊でもあります。

それと、男性から、
優秀な女性の執筆した書籍は、何かしらフェミニズムないしは男性への対抗意識が見え隠れするケースが多く、読んで疲れるのですが、貴著は事実が淡々と述べられており安心しました。
確かに、世の中、そんな傾向がなきにしろあらずですが……この本を読んでいるうちに、女性が書いた本、というより男性が書いたのでは? という錯覚に陥ったりします。それだけ、冷静に、そして理論的に占いや霊性について述べられています。
実はカルトゥーシュカードは、女性よりも男性のほうが密かな支持が多かったりしまして、私にカードの熱烈なファンレターをお送りくださるのは、大半が男性だったりしてます。これは、日本だけではなく海外でも同様で、女性より男性のほうが、著作者の許可を得てファンサイトを作っている方が多いです。というより、男性ばかりです。

最後に、本を初めて手に取ったかたからの感想
速攻で届いて、すぐに開封、とても嬉しくて抱き締めてしまいました。
本からエネルギーが出ているみたい。いや、出ています!
私は、スピリチュアルに偏りたくはありませんが、先人たちが残した物、更には、高次の存在は信じていますし、理解しなければいけないと思っています。
勝手かもしれませんが、黒田様のこれまでの歩みが決して簡単ではなかったにも関わらず、諦めずに成されたことを、応援しつつ、自分の励みにさせていただきました。
私のしたことが、あなたの励みになっているのなら、それはとても嬉しいです!
怠け放題の私に、このようなお褒めの言葉をくださり、もっとがんばんないといけないなーと逆に啓発されました。ありがとうございます。

といっておきながら恐縮ですが、生意気なことを書きます。
マリー女史もこの本の中で再三述べていますが、出来ないと思ったら何も出来ないのです。しかし「出来る」と思う気持ちが奇跡を起こしてくれるのです。私も英語は上手くありませんが、この本を最後まで訳せたのは、この女史の言葉があってこそです。どうぞ、皆さん「出来る」という奇跡を起こしていきましょう。

カルトゥーシュカードは、占い師など特別な人が使うために開発されたのではありません。誰もが潜在的にサイキックな能力を持っています。その能力が閉ざされているのは、普段の生活では不必要だと思っているため、表に出ない、出さないからなのです。

潜在能力を表に出すことは怖いことではありませんし、特殊な能力でもありません。カードと仲良くなると、頭にカードが浮かぶようになります。「これはダメなんだ」と事前に危険を察知でき、別の方法を取ることで、無事に切り抜けることができるようになります。

これは一般的に霊力とか呼ばれたりするかもしれませんが、動物として、誰もが元もと備わっている本能なのですから、使って当たり前、使えて当たり前です。そうすることで、もっと人生が豊かに、どんな困難にも前向きに対処できるようになるのです。
カードを手にしたみなさんが、どんどん人生を開拓していってくれたら嬉しいですし、翻訳した私の心からの願いです。
暑い、厚いよ!!
 猛暑日が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
先日、作業してましたら、どうも頭が簿おーっとするなー、くらくらするなーと。これって軽い熱中症かも!? あの部屋、エアコンないしなー。仕事上、エアコンのない場所で作業されている方もいらっしゃると思いますが、くれぐれもお気を付けくださいませ。

で、「あつい」のは気温だけではなく、カルトゥーシュ翻訳本も「あつい」のです。



きれいな本を探して写真を撮ればいいのに、手抜きをしまして、手元にあるもので写しました。ほら、きれいな本を探しているうちに、また熱中症にでもなったら大変だから。
左から、1985年二見版、真ん中が英語版、一番右が黒田訳版です。二見版をご存じの方から、「黒田版は本が厚い、しかも大きい!」とびっくりされています。黒田版、英語版はA5ですが、二見版はさらに小さいA6版。ページ数も、二見版は153ですが、英語版は210、黒田版は254と、なぜか黒田版は英語版より厚いです。そして、内容も厚さに負けないくらい濃厚なものとなっていますので、気軽に読むような本じゃない! 通勤電車で読めないじゃない! と評判です。この本、読んでいるうちに、カルトゥーシュカードの使い方の本というより、聖書のように、私たちのあり方を示した本だという感覚に陥ってきますが、それはそれでいいと思います。本を既にお持ちの方は、暑さに負けず、頑張って読んでください。
占いの本って……
カルトゥーシュの翻訳本を自力で出版したわけですが、皆様より「出版おめでとうございます」なんていうメールやお手紙を頂きました。出版すると「おめでとうございます」なんですね。知りませんでした。お祝いの言葉、皆様ありがとうございます(m_m)

献本と称して送りつけた方の一人に、私の占いの先生がいるのです。本を送ったのは大切な人だから、というよりもタロットの本を出したがっていたので、本は自力で出来るよ! 私の今回やった方法で良ければ教えますよ! というサンプルでお送りしたのです。
その方は何冊か著書があるので、本を出そうと思えば出版社がつくはずなのですが、軽いタロットの本ではなく込み入った内容の本を希望しているので、出版社がセールスを考えると断られてしまうという、日本ならではの事情が道を閉ざしているようです。

英語だと10億人以上のマーケットがありますが、日本語だとその1/10、さらに占いの専門書となると志向者が絞りに絞られるので、商業的に難しいのはやむを得ないかと思います。その中でも、魔女の家のような占いの専門書に特化した出版社もありますが、最近は出版が手軽になったこともあり、私のように自力で良書を発行されている方も多く見かけるようになりました。ご苦労も多いでしょうけれど、日本での占い文化の発展と精神的な教えを広める上で、十分貢献していることは言うまでもありません。今後も増えて欲しいと思います。

さて、話しを戻して……その方からも「おめでとうございます」なんてメールを頂きまして、なんだかかゆい感じです。折り返しお電話しまして、本の自力出版を口説いたのですが、「なかなかむずかしいわぁ」なんて、及び腰でしたが、本は作ってみると簡単なのが分かったので、ぜひ作って頂きたいと思います。書くの大変だけどね。

で、出版はしたものの、結構誤字脱字のある黒田の本のことを言いましたら、「占いの本って、結構間違えているよね」なんて。あははは、そうなんですよね。実はこの本もマリー氏が間違っていたりしてますのを、黒田が注釈で直してたりします。間違えているのは、本をそのまま鵜呑みにするような浅い考えを持つ占い師対策のため、わざとの場合もあるので、何とも言えません。


カルトゥーシュカードでHAPPYに

メール鑑定受付中

カルトゥーシュカード販売中

RSS表示パーツ


RSS表示パーツ