カルトゥーシュカードのブログといいつつ、
最近エジプト土産店であるエジスクのほうが投稿多いです。
カード情報が欲しい方には申し訳ないですが、
講座に来ればガンガン話しますのでそちらでお願いします。
遠方の方はスカイプで受けられます。
詳細は カルトゥーシュカード公式ページ へ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シルバーのカルトゥーシュリング | main | ちびっ子のひどい遊び >>
雨の日は運命の出会い
本などを出版以来、カルトゥーシュカードのネタがあまりにも少ないのは黒田も気にしていたところです。セミナーとかではお話ししているのですが、書くのが面倒なんていわず、今日はそんなカルトゥーシュネタを。

25個の石で占うルーンという占い方法がありますが、日本でこの占い方法を最初に紹介・解説したのがラルフ・ブラム「ルーンの書」だと思います。この本はカルトゥーシュカードの創始者であるマリーホープ女史も本の中でお薦めしているので、解説書をお読みになった方は「ん!?」と思ったはずです。

ルーンの書ルーンの書
ラルフ・ブラム 関野 直行

ヴォイス 1991-05-01
売り上げランキング : 139778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


当時ハーバード大学の研究者だったラルフ・ブラムは、たまたま訪れたイギリスのサリー州レッドヒルで出会った女性から、手焼きのルーンをたまたま購入したことから、運命は動き出します。その日は雨だったそうですが、たまたま出会ったそのイギリス人女性こそ、我らのマリーホープ(マレー・ホープ)女史、その人です。

彼はその時は興味がなかったようで数回使ったきり、本棚の奥深くに埋もれたのですが、数年後別の場所で再びルーンと再会、ホープ女史から買ったルーンを本棚から見つけ出すのです。彼は導かれるようにルーンの研究に没頭、その後はルーン哲学の指導者として世界で活躍することになります。

伝統的なルーンは24個の石のみでしたが、ラルフ・ブラムは文字の刻印のないルーン(ブランクルーン)を足し、25個の石で占う方法を発表します。この方法は、以降ルーンでは当たり前となり今日に至るのですが、このブランクルーンを最初に提唱したのは、これまたホープ女史だったりします。彼はルーンの秘密を探るべく探求するうち、最初に手にしたホープ女史作のそれにあった、何の刻印もないルーンに惹かれるものがあったのかもしれません。

タロットカードや占星術といった他の占いとカルトゥーシュカードとは相乗することを、女史は「カルトゥーシュカードの使い方」で述べていますが、それと同じ25で構成されているルーンとは非常に親和性が高いと述べています。実際、比べてみますと、カルトゥーシュの「杖と殻竿」は現実逃避な傾向にある時に現れ、その人に自己規律を促すカードですが、対応するルーンは「スサリズ」。意識の奥深くに潜んでいる姿を浮上させ、真っ向から直面しないといけない問題があることを伝えるルーン、というように両者の異なる占いに相乗効果があることが分かります。

カルトゥーシュの枚数は25枚ですが、女史は「古代エジプトで24は秘儀の数字であり、そこに闇の王子であるセトを足して25枚とした」と言っておられましたが、もしかしたらルーンにも影響されたのかな? なんて思ったりします。

「あなたの求めていた精神哲学はこれかも!?」
英国在住の神秘研究家マリーホープ作 
古代エジプト神話をベースとしたオラクルカード日本語版完全版はエジプシャンスークにて絶賛発売中です。
カルトゥーシュを半年で覚える講座は6/16から、ただいま受講生募集中。
それに間に合う2時間セミナーは6/9東京池袋で開催! お急ぎください!!

参加される方は、こちら か siriusあっとspdt.jp(あっとを@に変えて)から

件名に、簡単セミナー希望
ご希望の日にち・お名前・電話番号(できれば携帯)・メアド
を書いてお送りください。折り返しお返事いたします。

遠方の方はスカイプで同じ内容を受講できます。
参加希望や詳しい内容はこちらを。
COMMENT









Trackback URL
http://cartouche.spdt.jp/trackback/1141603
TRACKBACK

カルトゥーシュカードでHAPPYに

メール鑑定受付中

カルトゥーシュカード販売中